カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1976年・№397・井上弘昭(中日)

1976397a1976397b
1976397c1976397d
1976397e1976397f
76年版の井上選手のカードですが、
裏面球団旗・右下のところがちょっと切れた感じなので
違和感があるなぁと感じつつ(アップ写真参照)
何枚か見比べてみると、有りました~
手書き修正?っぽい感じのカードが・・・・
手書きで書き入れたのか?
元々かすれ気味に印刷されたのか?
皆さんはどっちだと思われますか?
スポンサーサイト
  1. 2017/11/15(水) 20:39:07|
  2. 1976年
  3. | コメント:0

1975年・№203・長池徳二(阪急)

1975203a1975203b
1975203c1975203d
1975203e1975203f
1975203g1975203h1975203i
阪急、南海、近鉄・・・今改めて考えると、
カルビーカードが発行された70~80年代は在阪球団が沢山あった、
ある意味贅沢な時代だったなぁとしみじみと思います。
そんなカードもよく見ると、たまたまかも知れませんが
ローラー跡が移動しています。
ローラー跡ってやっぱり味があっていいですよねぇ・・・
  1. 2017/11/13(月) 20:51:50|
  2. 1975年
  3. | コメント:0

1976年・№825・長島茂雄(巨人)

1976825a
1976825b1976825c
76年版800番代のカードは裏面印刷が薄過ぎて
文章を読む気にもならない程なんですが、
反面、表面は印刷が濃過ぎて、
快進撃シリーズ・№825の長島監督なんかは
鼻までインクがベチョーっと付いちゃってます。
表裏極端過ぎますね~

  1. 2017/11/04(土) 22:09:50|
  2. 1976年
  3. | コメント:0

1976年・№422 人工芝の歴史

1976422a
1976422c
1976422b1976422d
最近のカルビーカードは球場そのものを紹介するようなカードが
少なく、ワンパターンな感じで面白くない感じですが、
70年代のカードは球場そのものを紹介するような
カードが発行されたりしてマニアックなカードが多いです。
76年版の№422の後楽園球場の人工芝の構造を
図解で紹介しているカード。
改めて見てみると、ここまで詳細に説明する必要があるのかと思うほどの
ある意味超マニアックなカードですよね。
よく見かけるこのマニアックなカードにも
裏面は☆★☆★枠で囲まれていますが、
下段真ん中の☆が無いバリエーションが存在します。
それがどうした?と言われればそれまでですが・・・
  1. 2017/10/29(日) 10:20:51|
  2. 1976年
  3. | コメント:0

1987年・№285・郭 泰源(西武)

1987285a1987285b
1987285c1985285d

87年版は収集し易い年度で数多く刷られている為、
探せばまだまだ異種が出てきます。
意外に知られてない?のが
オリエンタル超特急№285・郭投手のカードで
裏面の背番号表記が18番と12番があります。
本来、この年度は背番号は12番だったようで、
18番がエラーカード、
12番が修正カードという事なります。
修正カードと言いましても、エラーカードを同じ工場で
校正し直したかどうかは正直言って分からないので
修正カードという言い方は間違いかも知れませんが・・・

  1. 2017/10/15(日) 10:07:44|
  2. 1987年
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ