FC2ブログ

カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1988年・№135・杉本 正(中日)

1988135a1988135b
1988135c
1988135f
88年版でもじっくり観察すると、
まだまだ色々あるようです。
№135の杉本投手のカード裏面をよく見てみると・・・
「防御率2.04はリーグ4位」のところが、
「防御率2.04はリーグ14位」に見えるカードがありました。
単なる印刷のバリだと思いますが、
手書きで書かれているようにも見えて、
興味深いところです。
スポンサーサイト
  1. 2019/02/03(日) 00:10:07|
  2. 1988年
  3. | コメント:0

1976年・№1117・C・ジョーンズ(近鉄)

19761117c19761117d
19761117a19761117b
子供の時の憧れ、ホームランカードです。
今回は76年・№1117のホームランカードです。
ちなみにC・ジョーンズのCはクラレンスです。
ホームランカードと言えば、
アルバムと交換する方が圧倒的に多かったと思いますが、
たまにはとポケット野球ブックや野球ルールブックに交換して、
いざ、送られてきたのを見て何か物足りなさを感じ、
ちょっと損した気分になった記憶があります。
裏面は会社名を「カルビー株式会社」が
何故か「カルビー」だけになっています。
野球の場合、ホームランカードは表の図柄に法則性は無く、
ランダムに発行されているようで、何種類あるのか不明です。
  1. 2019/01/20(日) 18:04:12|
  2. 1976年
  3. | コメント:0

1986年・№055・落合博満(ロッテ)

1986055a1986055b
1986055c1986055d
1986055e
1986055f
カルビー80年代の中で86年版は一番コンプリし易い年度ですが、
その中でも探せばこんなのもあります。
№55のロッテ落合選手のカード、
写真では分かりずらいですが、
表写真の色目を比較するとかなり違和感を感じます。
試しに裏面を見てみると・・・
BASEBALL CARDの表記のSの字に印刷バリが有ります。
これって唯の印刷ミスなのでしょうか?
表写真との因果関係は・・・?ですが

  1. 2019/01/14(月) 21:02:22|
  2. 1986年
  3. | コメント:0

1982年・№005・門田博光(南海)

1982005a1982005b
1982005c1982005d
1982005e
1982005f
82年版・南海・門田選手のカードです。
結構昔から異種が存在するのは知られていましたが、
やはり比較すると面白いですね。
ヘルメットの上部にうっすら羽根が生えているように見えて、
その羽根の生え方が2種類あります。
自分は「直角型」と「アトム型」と勝手に呼んでおります。
結構この呼び名は気に入っているんですが、
どう思いますか?

  1. 2019/01/07(月) 22:06:57|
  2. 1982年
  3. | コメント:0

1985年・№073・大石大二郎(近鉄)

073a073b
073c
分かる人には分かる新種発見!
今まで正直、決定打では無かったので、
自分自身、納得行くものでなくモヤモヤしていたんですが、
このカードは完璧です。まぁ~自己満足の世界ですが、
自分にとってはホームランカードです。



  1. 2018/12/25(火) 21:27:58|
  2. 1985年
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ