カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1981年・№175・加藤英司(阪急)

1981175a1981175b
1981175c
81年版の後半はこの年巨人が優勝した関係で
殆ど巨人一色って感じのカード構成ですが、
前半は比較的多く在阪球団にもスポットが当てられていて、
このカードのブロック(№151~200)などは
阪急、阪神、南海、近鉄など在阪球団の選手が多くカード化され、
カードの構成等から関西版?と思わせる感じです。
このブロックだけしかない、なかなかお目に掛からない
図柄のカードが有ったりして、
コンプリートするのは比較的難易度が高い感じに思えます。
自分もこの№175の加藤選手を手に入れる事ができ、
漸くブロックコンプとなりました~
表の選手名表記が妙な位置で印刷されているのも興味深いです。
・・・という事で81年版コンプまであと5となりました。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/19(木) 20:39:27|
  2. 1981年
  3. | コメント:0

1982年・№751・北別府学(広島)

1982751a1982751b
80年代で年間の発行枚数が一番多い年度は82年版で、
なんと、751番まで発行されています。
最終ブロックの№701~751は中日が優勝した為、
優勝おめでとうシリーズって事で
中日の選手ばかりで構成されていますが、
一応他のファンにも配慮したのか
セ・リーグ他球団の選手が気休め程度に発行されています。
そして、何故か最終番号がこの北別府投手のカードとなっています。
どの年度も最終番号はこれで終わりで区切りが付くって事で
比較的人気があるようです。
それにしても、1年間に751枚も発行されると、毎日ポテトチップスを
2個ずつ買い続けても全種集まらないという、
とんでもない枚数です。もはや子供がお小遣いで買える範囲を
超えております。カルビーさんも無茶しますな~


  1. 2018/04/10(火) 23:15:35|
  2. 1982年
  3. | コメント:0

1978年・高木嘉一(大洋)

高木嘉一a高木嘉一b
78年版今年8枚目は大洋の高木嘉一選手です。
表の文字の印刷位置で大方どの時期に発行されたか
想像できるのですが、同時期に複数種発行された選手の場合、
裏の文章で前後関係を判断する一つの材料となります。
今回のカードの場合、ヤクルト21回戦と・・・と書かれているので
オールスター前後のカードでなく、
容易に終盤戦のカードだと想像が付きますよね!
・・・という感じで文章ごとに並べてみると面白いかも知れません。
  1. 2018/04/09(月) 21:12:02|
  2. 1978年
  3. | コメント:0

2018年・S-15・糸井嘉男(阪神)

2018s15a2018s15b
2018s15c2018s15d
今年も球春到来!という事で
2018年版カルビープロ野球チップス発売になりました~
カード構成はここ数年来同じパターンで企画力無って感じです。
例によってまたまたキラカードにはサインパラレルが・・・泣
取り敢えず、糸井選手のサインパラレルはゲットできたので
良しとしましょう!
  1. 2018/03/26(月) 21:06:07|
  2. 2018年
  3. | コメント:0

1991~92年・№016・デレオン(東芝)

1992016a1992016b
1992016c1992016d
1991~92年度版サッカー日本リーグカードです。
野球カードと同様に90年に入ってカードの大きさが
テレカサイズに変更されて発行されました。
更に試行錯誤が有ったのでしょうか、№1~36までに限っては
裏面のプロフィールの記載が連続して印刷されている初版と
見やすく修正された2版が存在します。
とにかく初版は超レアで、なかなか収集は難しいカードです。
写真は№16のデレオン選手のカードですが、
東芝も景気の良かった時代は実業団のクラブを運営していたんですね。
調べてみると、Jリーグコンサドーレ札幌の前身のクラブだったようです。
歴史を感じるカードですね。

  1. 2018/03/23(金) 21:51:22|
  2. 1992年
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ