カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1975年・首位攻防戦シリーズ・№167・G.ホプキンス(広島)

1975167a1975167b
1975167c1975167d
1975176e1975176f
1975年版の№167・ホプキンス選手のカード。
地方版なんで1枚有れば十分なんですが、
コンディションアップ用にと買って、
以前から所持していたカードと見比べると、
変なローラー跡というか、キズを修正した跡が・・・
元々所持していたカードの方がキズ物だった訳で、
見比べて初めて分かる印刷の違いって有りますよね。
あ~あぁ~見つけてしまいました。


スポンサーサイト
  1. 2018/05/26(土) 20:32:29|
  2. 1975年
  3. | コメント:0

1975年・№251・J・シピン(大洋)

1975251a1975251b
ずっと探していたカードが意外な場所で手に入る・・・
マージャンで言うカンチャンをツモッた・・・
今日はそんな日でした。
大洋時代のJ・シピン選手・75年版の№251のカードです。
この後カルビーでは奇しくも同番号巨人時代の80年版の№251
のカードが最後です。
74年~80年まで結構日本で長くプレーしたんですね。
  1. 2018/04/29(日) 22:51:21|
  2. 1975年
  3. | コメント:0

1975年・№203・長池徳二(阪急)

1975203a1975203b
1975203c1975203d
1975203e1975203f
1975203g1975203h1975203i
阪急、南海、近鉄・・・今改めて考えると、
カルビーカードが発行された70~80年代は在阪球団が沢山あった、
ある意味贅沢な時代だったなぁとしみじみと思います。
そんなカードもよく見ると、たまたまかも知れませんが
ローラー跡が移動しています。
ローラー跡ってやっぱり味があっていいですよねぇ・・・
  1. 2017/11/13(月) 20:51:50|
  2. 1975年
  3. | コメント:0

1975年・№270・白 仁天(太平洋)

1975270119752705
1975270419752706
1975270a1975270b1975270c1975270d
秘技!ダブルバット打法!
4枚並べてみると面白いですよね。
1975年版の№270・白 仁天選手のカードなんですが、
今まで気付かなかったのが不思議です。
  1. 2017/08/15(火) 22:56:49|
  2. 1975年
  3. | コメント:0

1975年・№273・佐々木恭介(近鉄)

1975273a
1975273c
1975273b1975273d
お盆休み中時間が有るので、
暇潰しに自分のダブリカードを改めて見直しているのですが、
1975年版・№273・佐々木選手(近鉄)のカードで
印刷ムラのカードがありました!
当初、糊が付いたような跡があるので、ジャンク扱いだったのですが、
(2枚目写真参照)
じっくり観察してみると、たまたま糊が付いたのではなく、
元々こんなカードだったんです。(他にも同カード複数確認)
・・・なので自分の中では無理やりバリエーション扱いとしました。
ダブリカードもじっくり観察すれば、何か発見があるかも?です。
  1. 2017/08/14(月) 19:12:09|
  2. 1975年
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ