カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1977年・№108・藤田 学(南海)・長島茂雄(巨人)

1977108a1977108b
1977108c1977108d
77年版の裏面色が青色のいわゆる青版は最終番号が251番と
中途半端な数字で終わっています。
その原因はズバリ№108が同番号で2種類ある為です。
写真のように南海の藤田投手と巨人の長島監督が存在します。
どちらが先に発行されたかは108番の数字を見れば分かります。
藤田選手のカードは№108の数字と数字の間隔が狭く、
長島監督のカードは間隔が広くなっています。
前半発行されたブロックには数字の間隔が狭いものが多く、
後半発行されたブロックはすべて間隔が広くなっています。
・・・なので藤田投手のカードが先に発行され、
長島監督のカードは後で発行されたと推測できます。
(単純に、目指せ!ペナント奪取のナンバリングでも分かりますが・・・)
カードは色々推測するのが楽しいですね!
スポンサーサイト
  1. 2017/06/14(水) 21:06:32|
  2. 1977年
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ