FC2ブログ

カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1990年・BIG SIZE CARD・清原和博(西武)

1990biga1990bigb
1990年の景品でもらえたBIG SIZE CARDです。
今回の清原選手を含めて16種類確認されていますが、
(それ以外に有れば、個人的には新発見)
何故か、広島とロッテの選手だけ確認されていません。
ロッテは何となく80年代からの絡みで分かるのですが、
広島のカードが発行されていないのは謎です。
80年代は当りカードというものが存在せず、カード袋の裏面に
当りが印刷される形式がとられていましたが、
90年~92年までも同様に当りが袋の裏面に印刷されていた?
みたいです。(当りカードを見たことがないので)
それにしても、通し番号が無いカードは管理がし難いですね~
スポンサーサイト
  1. 2018/05/13(日) 22:26:08|
  2. 1990年
  3. | コメント:4

1990年・№141・大石第二朗(近鉄)

1990141a1990141b
1990166a1990166b

90年版裏面の線無バージョンは「写真提供 スポーツニッポン」
の記載が全部あると思っていましたが、
何と全く記載が無いものもある事が判明しました。
さっそく調べてみると・・・
№84、№94、№110、№112、
№136、№138、№141、№144・・・と
結構あるもんですね。
もしも上記のカード№で「写真提供スポーツニッポン」表記が
有るものが出てくれば新発見!となりますが・・・
ちなみに№166の清原選手のカード裏は・・・
「写真提供 ㈱ベースボール・マガジン社」となっていて、
同じ年度でスポニチとベースボールマガジン、2社から
写真提供を受けているという、ますます複雑な年度です。
  1. 2017/09/10(日) 18:34:37|
  2. 1990年
  3. | コメント:0

1990年・№56・紀藤真琴(広島)

1990056a199056b
1990060a1990060b
1990年版は№56以降カードサイズがテレカサイズに大きく変更されて
発行されましたが、
№56~127のブロックだけ写真の様に
裏面に太い横線が有るカードと無いカードがランダムに2種類存在し、
以前からこの違いって何なのかと疑問に思ってました。
リーグの違い?タイトルホルダー?
オールスターの出場選手?
と色々考えてましたが、どれも当てはまりません。
改めてカードを見比べると、
写真提供スポーツニッポンのクレジットの有無が・・・
単純にこの違いなのか?
写真の出所はどのカードも同じように思われるのですが、
今まで何度かこの太線は何なのかと考えていた
疑問は少し晴れました。
皆さんはどう思われますか?

  1. 2017/07/17(月) 23:55:32|
  2. 1990年
  3. | コメント:2

FC2Ad

まとめ