カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1983年・№478・バース(阪神)

1983478a1983478b

バース入団年度の1983年には
カルビーも5種、カード化されています。
その中でも結構出ない?
№478のランディ・バースです。
やっと5種コンプとなりました~
スポンサーサイト
  1. 2017/09/13(水) 21:08:31|
  2. 1983年
  3. | コメント:0

1983年・№641・田淵幸一(西武)

1983641a1983941b
1983941c1983941d
1983年版の№601~650は
リーグ優勝した巨人と西武の選手で構成されたブロックで
それぞれのカードに「祝優勝」金文字印刷有り版と印刷無し版の
2種類何故か存在しますが、
どちらが先に発行されたものなのでしょうか?
通常、同番号で同図柄なのですが、
№641の田淵選手のカードは何故か図柄が違います。
金文字版の方は何となくブサイクでかっこ悪い感じです。
(特に顔辺りが・・・)
・・・なので、クレームが入り修正版として図柄を差し替えた??
以上の推測から金文字版が先に発行されたのではないでしょうか?
あくまで個人的推測ですので悪しからず。
しかし・・・
当時リアルに購入されていた方からのご指摘で
最初は金文字無し版で、後日追加で金文字有り版が
発行されたとの貴重な情報をいただきました。
自分の推測は間違っていたみたいです(泣)
  1. 2017/07/27(木) 00:44:52|
  2. 1983年
  3. | コメント:0

1983年・№422・淡口憲治(巨人)

83年422a83年422b
83年522a83年522b
83年版の401番~450番、501番~550番は
どちらも所謂地方版と呼ばれるブロックなんですが、
収集が困難な割には、各番号とも同じ写真、同じ文章で
全く面白くない構成になっています。違いは番号だけかと思い見比べると、
番号と選手名の間隔が400番台は狭く、500番台は広くなってます。
よくよく観察すれば、色々見つかるものですね!
  1. 2017/04/12(水) 21:57:52|
  2. 1983年
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ