FC2ブログ

カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1988年・№106・長島清幸(広島)

1988106a1988106b
そして謎の№106・長島選手のカードです。
このカードだけ何故か激レアブロックの中に含まれています。
あくまで自分自身の推測なんですが、
88年版は基本各ブロックが25の倍数で構成されていて、
№1~50、№51~100・・・という感じです。
激レアブロックの№101~115の次のブロックは
カードの構成から№116~164なんですが、
何故か49枚なのです。
元々、№101~150で発行予定が、
何らかの理由で取りやめになり、
№116~164で刷り直したのではないか?
・・・ここで、№106の出番です。
元々この写真だったのか?差し替えられたのか?
分かりませんが、穴埋めに№106をプラスして
合わせて50枚のブロックにして発行した。
・・・という推理はどうでしょうか?
なので№101~115のブロックが異質なショートプリントになった。
みなさんはどう思われますか?
スポンサーサイト
  1. 2018/10/03(水) 20:33:48|
  2. 1988年
  3. | コメント:0

1988年・栄えある開幕投手・№107・仲田幸司(阪神)

1988107a1988107b
リーチが掛かっていた88年版も遂にと言うか、
この№107・仲田幸司投手のカードで漸くコンプリとなりました~
発行年から30年も経ってしまいました。
元々№101~115のブロックは激レアで
発行枚数もかなりショートプリントだったようです。
カード自体もテレビ画面の画像をそのまま
使用した感じの粗雑な図柄ばかりの謎だらけのブロックです。
何故、№106の広島・長島選手のカードだけ
普通によく出るカードが組み込まれているのか?
何故、14枚だけ発行されたのか?
何故、栄えある開幕投手とあるが、12球団すべてカード化されていないのか?
謎だらけのブロックなのです。
一時期必至になって色々考えましたが、未だ結論には達していません。
ご存じの方いらっしゃいましたら、教えていただきたいです。
それにしても、暗黒時代が到来する以前も
阪神って開幕試合はほとんど勝ててませんね~
日本一になった85年も開幕試合は負けてますね。

  1. 2018/10/02(火) 20:24:35|
  2. 1988年
  3. | コメント:0

1988年・№84・マドロック(ロッテ)

1988084a1988084b
コンディションアップにゲットしたマドロック選手のカードが含まれる、
88年№51~№100のブロック、
とりわけ№67~№100のカードは個人的には好きなカードが多いです。
恐らくシーズン開幕して間もない時期に発行されたので、
今年の各球団注目選手シリーズと言うべき選手がカード化されていて、
特に各球団の外国人選手が集中していて、興味深いです。
ロッテのマドロック、ヤクルトのハーパー
広島のジョンソン、日本ハムのディエット、阪急のウィリアムズ・・・と
カルビーでは最初で唯一、カード化された選手が多く、
貴重なブロックとなっております。


  1. 2018/05/24(木) 00:11:20|
  2. 1988年
  3. | コメント:0

1988年・№065・東京ドーム

1988065a1988065b
1988065c1988065d
1988年版の新発見カード!(パート2)
2枚目の新発見カードもまたまた
№65の東京ドームカードです!
№64の関係で№65もおかしな事になっています。
バックネット側からのアングルと一塁側からのアングル、
2種類存在します。
次の№66の東京ドームカードがバックネット側のアングルカードで、
№65のバックネット側のアングルカードと同図柄で重なってしまい、
一塁側のアングルカードに差し替えたのでしょうか?
やっぱり図柄差替え版の方が少ないのでしょうか・・・?
いずれにせよ№65も正真正銘2種類存在します。
スポーツカードマガジンのリストには№63しか掲載されていないので
№64、№65とも新発見カードです。
いや~この時代にまだまだ新発見カードが存在するとは驚きですね。
カルビーカードは奥が深過ぎます。
  1. 2018/01/28(日) 11:40:51|
  2. 1988年
  3. | コメント:2

1988年・№064・東京ドーム

1988064a1988064b
1988064c1988064d
1988年版の新発見カード!(パート1)
1988年版に新発見カードが存在しました!
元々№63のカード自体は
三塁側のアングルカードと阪神の中西投手のカードと
2種類あるのは知られていましたが、
№64の東京ドームカード。
良く観察すると、1枚は一塁側からのアングル、
もう1枚は三塁側からのアングル、
正真正銘どちらも№64のカードなのです。
№63の東京ドームのカードは三塁側のアングルカードなので、
№64と同図柄になってしまうので、
一塁側のアングルカードに差し替えたのでしょうか・・・?
図柄差替え版の方がやっぱりレアなのかなぁ・・・?
いずれにせよ、スポーツカードマガジンのリストにも掲載されていない、
新発見!カードなのです。

  1. 2018/01/28(日) 11:10:05|
  2. 1988年
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ