カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

1975年・№249・土井正博(太平洋)

1975・249a1975・249b1975・249c
75年版(後期)№249・土井正博(太平洋)のカード、
特に珍しくもない、普通のカードなんですが、
よく観察すると、顔の前に花火のようなものが打ち上がっている?
ではありませんか・・・(拡大写真参照)
おそらく一点物で印刷ミスのカラーチャートなんでしょうが、
最近こういうカードに興味があります。
昔だったら、ミスプリ無しのキレイなカードが欲しかったはずなのに・・・
レギュラーカードも侮れません!
スポンサーサイト
  1. 2017/04/29(土) 23:34:04|
  2. 1975年
  3. | コメント:0

1982年・№11・真弓明信(阪神)

82年011a82年011b
82年025a82年025b
82年版の最初のブロック№1~51(何故か№51・原辰徳(巨人)が追加された為、以後のブロックで1番ずつズレてます)
は同じ図柄のカードが複数存在します。
1つは№1と№47の江川 卓(巨人)、
そしてもう一つは写真の通り№11と№25の真弓明信(阪神)です。
最初のブロックから同じ図柄が複数存在し、
当時のコレクターは同じ図柄ばかりで、面白くないと思ったかも?
知れませんが、今改めて見てみると表文字位置が上下にズレていたりして、
興味深いところです。


  1. 2017/04/29(土) 00:53:04|
  2. 1982年
  3. | コメント:0

2017年・№36・パックマン(ナムコスターズ)


036aパックマンb
平景清a平景清b
ファミスタチップス
2017年3月にナムコのゲーセン専売で発行されたファミスタチップスカードです。
ファミスタ30周年ということで、カルビーとのコラボにより実現した景品(上記写真参照)
のオマケとして付いたカードです。全40種(他に非売品カード4種有)で、
昨年の日本一球団、日本ハムの選手とナムコのレトロキャラで構成されています。
ナムコとカルビーカード両方好きな自分にとって、是非とも集めたくなるカードです。ファミスタのドット絵カード、サイコーですね!
  1. 2017/04/18(火) 20:46:41|
  2. 2017年
  3. | コメント:0

1976年・№1258・福本 豊(阪急)

1976年1258a1976年1258b1976年1258c1976年1258d1976年サービスカード
76年版の№1257~1292は「'76日本シリーズ特集」36枚構成のブロックなのですが、
昔から№1258、1268、1278、1287、1288の5枚だけ、
裏面の企業広告の違いや文章の修正版が存在していた事は
よく知られていました。(表面の文字もズレています)
何故、この5枚だけ異種が存在するかは自分でもよく分かっていなかった
のですが、なんとホームランカード応募者対象に
サービスカードがプレゼントされていた事実が判明しました(写真参照)
ちなみに76年の日本シリーズで活躍した選手は
最優秀選手・福本(阪急)
最優秀投手・足立(阪急)
優秀選手・ウィリアムス(阪急)
打撃賞・福本(阪急)・柴田(巨人)
技能賞・マルカーノ(阪急)
敢闘賞・柴田(巨人)
となっており、
5枚の異種カードはすべて賞を取った選手なのです。
つまり、異種カードはプレゼント用カードで
一般に販売されたカードではないと推測されます。
足立(阪急)だけ元々カード化されなかった為、外されたようです。
皆さんはどう思われますか?
  1. 2017/04/16(日) 16:25:00|
  2. 1976年
  3. | コメント:0

1987年・№126・広沢克己(ヤクルト)

87年№126a87年№126b
78年№150a87年№150b
87年版は基本25枚ずつのブロックで構成されていますが、
№126~150のブロックだけ「新人類」というキーワードが
必ず裏の文章に使われている
言わば「新人類」ブロックなのです。
当時「新人類」という言葉が流行ってたのを思い出しました。
裏の文章もよく読んでみると、
意外な発見があるかも知れませんね!
  1. 2017/04/16(日) 00:32:36|
  2. 1987年
  3. | コメント:0

1983年・№422・淡口憲治(巨人)

83年422a83年422b
83年522a83年522b
83年版の401番~450番、501番~550番は
どちらも所謂地方版と呼ばれるブロックなんですが、
収集が困難な割には、各番号とも同じ写真、同じ文章で
全く面白くない構成になっています。違いは番号だけかと思い見比べると、
番号と選手名の間隔が400番台は狭く、500番台は広くなってます。
よくよく観察すれば、色々見つかるものですね!
  1. 2017/04/12(水) 21:57:52|
  2. 1983年
  3. | コメント:0

1981年・№358・山本浩二(広島)

81年358a81年358b
81年358c81年358d
81年版の№358・山本浩二選手のごく普通のカードなんですが、
ノーマルなカードでも、よく見ると、結構面白いカードだったりします。
2枚のカードを見比べると、下のカードは山本選手が二重写りになって、
全体的に汚れた感じになっています。
二重写りの方が圧倒的に出現率は低い気がします。
ミスプリだと言えば、それまでですが、
皆さんはどう思われますか?
  1. 2017/04/01(土) 23:58:00|
  2. 1981年
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ