FC2ブログ

カルビーカード研究所

ディープなカルビーカードの世界へようこそ!

2018年・チーム打点王カード・RL-08・糸井嘉男(阪神)

2018RL08a2018RL08b
2018年版も第3弾が発売になりました。
ここ数年、カードは同じパターンで変化が無く、
正直なところ、飽きてきた感じです。
アマゾン限定で買うと、多分ラッキーカードは出ないはずで、
そこもまた面白くない感じです。
・・・という訳で今シーズンも終わりです。
  1. 2018/09/19(水) 19:56:02|
  2. 2018年
  3. | コメント:0

1995年・№153・イチロー(オリックス)

1995153a1995153b
1995年はJリーグ人気で本家野球チップスは発売されず、
関連会社の東京スナックからポップコーンやチョコスナックの
オマケとして、一応継続してカードが発行されました。
イチロー選手やゴジラ松井選手がカード化されていて
今となっては貴重な写真図柄が多いです。
ちなみに95年版と言うと、
巨人では投手は桑田、斎藤、槙原、
野手は広沢、落合、S.マック、
阪神では投手は藪、湯舟、
野手は新庄、亀山、和田、G.デービス等がカード化されてます。
グレン・デービス・・・いたなぁそんな助っ人。
つい最近の事のように思えますが、もう23年も前なんですねー
あぁ懐かしい。
  1. 2018/09/16(日) 00:03:06|
  2. 1995年
  3. | コメント:0

1980年・№253・松岡 弘(ヤクルト)

1980253a1980253b
カルビー80年代と言えば、小さくなったミニカード。
80年代突入で気分一新、
サイズもデザインも刷新となった訳ですが、
一説によれば、売り上げ減少によるカード製作費削減の為とも・・・
確かにも1年で295番までと、比較的集めやすい発行枚数となってます。
・・・がしかし、結構ヘビーな年度で、
レギュラーカードでもあまり見ない図柄も多い年度です。
写真は№253のヤクルトの松岡投手です。
発行枚数も少な目だったんじゃないでしょうか・・・
そう言えば80年の未開封カードってあまりお目に掛かった事が有りません。
個人的感想ですけど。
  1. 2018/09/13(木) 20:06:46|
  2. 1980年
  3. | コメント:0

1984年・№673・宇野 勝(中日)

1984673a1984673b
今年の後半、8月以降になって
84年の波が来たのでしょうか?
名古屋版は年に1~2枚集めればいいところなんですが、
どういう訳かポポンっとタイミングが良くゲットできました。
名古屋版ブロックは中日の選手ばかりですが、
写真が他に使われていないものが多く、
見たことない図柄ばかりでいい感じです!

  1. 2018/09/03(月) 20:37:42|
  2. 1984年
  3. | コメント:0

1981年・№402・日本シリーズ・江夏 豊(日本ハム)

1981402a1981402b
81年№402・日本シリーズ日ハム時代の江夏投手です。
82年からは当時としては斬新なオレンジ色のユニフォーム
に変更してしまうのですが、個人的には81年のユニフォームの
方が好きかなぁ・・・
元々人気のあるカードなんですが、
カードの状態までにこだわっていたので、
漸くゲットできました~
いよいよ81年コンプリまでカウントダウン!
ラスト2枚となりました。
  1. 2018/09/01(土) 19:44:33|
  2. 1981年
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ